信用してはいけない人間の特徴

矛と盾 小次郎 hokoto tate kojiro spear and shield 

Kojiro Hokototate

学校で起こる子供のイジメ、家庭内暴力、ドメスティックバイオレンス、虐待、抗争など、

霊障や発達障害も含め40年以上に渡り、国内外これに絡む問題を研究して改善して来ました。

それぞれは

小規模ながら独特のルールやしがらみがあり、

それはまさに例えたらその国家に、家族とか近隣、仲間内という別の国があり、

外国といっても言い過ぎではない条件で形成した政治が存在して、彼らを狂わせ迷わせていた。

ボクが良く言いますことに、

国会やそこで行われる国政というものが、志があるとか、意識高い系では取り組むことは不可能だと言うのは、

何もバカにしているのでありません。

小さくも、

国家の中にルールやしがらみで形成されたところの政治ですよ。

政治なんですよ。そこの政治をを変える事で、それまで収拾が付かなかった事態を改善し、解決したことを振り返ると、

ココで躓いているか?

知っていて見なかったことにして避けている人では、少なくとも政治は参加できないし、

政治に対して出来ることは無いと言っているのです。

政治だけじゃありません。

社会問題や環境問題もこの分野を改善して行くとなると、

一般の認識を超えた理論と技術が必要になって来ます。

それが何故?

一般の想像を超えなければ出来ないか・・・というと、

これまで一般で語られています認知された方法では改善ないし、解決されたことが無いからです。

それが皮肉にも証明しているんです。

何が言いたいか?というと、やりそうだとか思われる人、やってみたいと言う人は居ますが、多くは実際に証明した実績が無いのが殆ど。

そう言う人の話も聞くことはあります。それは実績や理論、それに伴う技術があるかどうか見るためです。

この世で起こる問題の多くは、泥臭いヒューマニズムや感情論では対応できず、どちらかというと計算されたピッタリはまる矛盾しない造形です。

泥臭いヒューマニズムや感情論は問題を改善して行くのに、その時々で、そして自己都合や集合意識で変わってしまうので、

相手にしていたくても、していられない原因や事情が向こうにあります。

そう、使い物ににならないのです。

ボクの記事や話は、過去にキョンキョンがまるで論語を話しているようだ・・だっけなぁ。

と、言っていたけど、

ボクは勉強をほぼしなかったから、言われても分からなかった。

そういうことね。

元の投稿を表示

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください