ファーウェイ、米国部品抜きでスマホ生産 – WSJ

米IT(情報技術)企業は、中国の大手スマートフォンメーカー、華為技術(ファーウェイ)との取引禁止を再び猶予されたが、遅きに失したかもしれない。ファーウェイは今や米企業の半導体抜きでスマホを生産し始めている。

情報源: ファーウェイ、米国部品抜きでスマホ生産 – WSJ

日本人の給料がまるで上がらない決定的な要因 | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

今の30~40代の給料が実は最も下がっている。かつて40歳だった人がもらっていた給料に比べ、今の40歳がもらっている給料は1割ほど減っている。30~40代はお金が必要な時期だから問題は深刻だ。私が若い頃は、上司から飲み会でおごってもらうと「お前が上司になったら部下におごってやれ」といわれた。しかし、私たちは上司になったが、そんな余裕はなくなった。それにしても、2000年代初頭といえばITバブルの崩壊で、就職氷河期の状況だった。このとき社会に出た現在のアラフォー世代は就職氷河期で苦しんだだけでなく、その後の給料水準ダウンも強いられているというわけだ。

情報源: 日本人の給料がまるで上がらない決定的な要因 | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

雅子さま 相当にお疲れの様子も、ローマ教皇がバチカン招きたい 消えた「ご体調次第」 – NAVER まとめ

「雅子さまはお出ましの際にいつも、出迎えた人々に向けて手を振られ、笑顔を見せられます。ところが、その日は人目に触れない場所では、口を真一文字に結び、相当にお疲れの様子を見せられていました。ご無理をされていないか、とても心配です」

情報源: 雅子さま 相当にお疲れの様子も、ローマ教皇がバチカン招きたい 消えた「ご体調次第」 – NAVER まとめ

人間の悩みはすべて対人関係。200万部突破の『嫌われる勇気』がSNS時代に求められる必然 | BUSINESS INSIDER JAPAN

ネットに投稿することで、人から「いいね!」をもらうために、本来言いたかったメッセージを、少し、あるいはかなり歪めてしまう人が増えている気がします。アドラー自身は承認欲求という言葉ではなく、「人から認められようとする努力」という言葉を使っていますが、「人から認められようとする努力が精神生活の中で優勢になると、緊張が高まり、行動の自由が著しく制限される」と言っています。アドラーは、今日のような時代を予見していたのかもしれません。

情報源: 人間の悩みはすべて対人関係。200万部突破の『嫌われる勇気』がSNS時代に求められる必然 | BUSINESS INSIDER JAPAN

韓国をさげすむ言説の裏に見えるのは「日本は(韓国とは違って)先進国だ」と自負したい心情です。

韓国をさげすむ言説の裏に見えるのは「日本は(韓国とは違って)先進国だ」と自負したい心情です。アジア最大の経済大国という地位を失い、中国に抜かれた日本にとって、いまや「追い抜かれたくない国」の代表が韓国でもあるのでしょう。 しかし、韓国はいまや世界12位の経済大国です。G20のメンバーで、OECDに加盟してもう23年。軍事費や1人当たりのGDP(購買力換算)では、日本は遠からず韓国に抜かれるでしょう。 かつては韓国の対外貿易額の40%近くを日本が占めた時代がありましたが、今では7%前後。韓国にとって日本の存在感が薄れるのは当然です。「韓国は日本を気にしているはずだ」と信じている人もいますが、そうした韓国は無くなって久しいのです。

情報源: (耕論)嫌韓論の正体 鈴木大介さん、安倍宏行さん、木村幹さん | さぶろうの WORDS OF LOVE

日本の劣化が止まらない、「所得格差」が人の心と社会を破壊する(ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース

格差はやがて社会の分断、暴動、革命に発展 格差の拡大は、人々の倫理観の低下を招き、犯罪、暴力やハラスメント事件を増やし、ストレスと心の病を持つ人を増やします。それに伴い、社会全体が他人を信用しない、冷たくギスギスしたものになることは前述したとおりです。また、格差が人の幸福感を低くするという研究もあります(Alesina et al 2004, Tachibanaki & Sakoda 2016等) 。 さらに格差が、社会の分断、暴動や革命を引き起こすことを示す歴史上の事実は多くあります。例えばフランス革命です。国民のわずか2%の権力者(王室家系、高僧、貴族)が国の富と権力を握り続けたあげくに起きた、社会のあり方を大きく転換させた歴史的な出来事です。 また所得格差が異なる宗教、民族、地域アイデンティティ、政治的イデオロギーと重なるとさらに厄介です。紛争が起きる可能性、そのパワーや社会へのインパクトが、一気に高まるからです(オスロ国際平和研究所調査2017)。

情報源: 日本の劣化が止まらない、「所得格差」が人の心と社会を破壊する(ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース

“若者の恋愛離れ加速”に反論続出「いや、お金無いんですよ」「定時で帰れて給料いっぱいなら若者も違ってくる」 | キャリコネニュース

「定時で帰れてお給料いっぱいで老後も安心できるなら若者だって違ってくるよ。今の日本じゃ何もかも無気力になるよ」「いや、お金無いんですよ。一枚1000円で好きなアイドルと握手することがお金払えば~ってことだろうけど、普通に好きな人に告白してデートして将来考えるよりコスト安いからね」

情報源: “若者の恋愛離れ加速”に反論続出「いや、お金無いんですよ」「定時で帰れて給料いっぱいなら若者も違ってくる」 | キャリコネニュース