Real nature of Ted Cruise who is colder-blooded than cards, and is in danger

米大統領選の政治と宗教、トランプより冷酷で危険なテッド・クルーズの正体

トランプ候補による
悪口雑言は連日 アメリカを賑わしています。
移民排斥に抗議する団体との追突で流血の負傷者を出すなど、過激さを増しております。
所属している共和党からも 嫌われていますが・・
共和党に限るなら トランプ候補が勝ち抜いて欲しいと思います。
嫌われ者でも トランプ候補が信頼できます。
その理由は
トランプが破れ テッド・クルーズが選ばれたら
あの 悪名高い
元ブッシュ政権は ウソの口実で湾岸戦争を始め
日本には 世界一の罪なき人を殺すための戦費を出させました。
テッド・クルーズなら もっと冷酷な戰爭を始めると思うからです。
ナゼと 言いますと
テッド・クルーズは 牧師ですから
政治目的、自身がキリスト教牧師なので キリスト教とユダヤ教の宗教の敵?
白人優位の差別など・・差別に耐え切れず逃げていった
イスラム教への攻撃はトランプ氏以上と思えるのです。・・?
何しろ、演説は聖書の引用で聴衆に呼びかけますから・・

今のオバマ政治に対して反対しているものは
1.国民皆保険➱貧困者が多くを占める アメリカに民衆が 今以上に苦しみます。
   教会が助けますからと言って 自身が牧師ですから食欲旺盛に頑張っている    としか思えません
   国民が苦しむ程 儲かるとしか・・
2,銃規制
3,LGBT(同性愛者)
4,妊娠中絶
5,障害者権利
6,進化論
7,地球温暖化
どうですか 完全な教会型国家を目指すわけですね。
人種のるつぼの アメリカです。
その他の 宗教や 無神論者は 今のイスラム国のように 差別 排除が厳しくなります。
その他に目指すものは
1,キリスト教ユダヤ教優位の 大勢の弱者と支配者で成り立つ
  資本主義国家の強化ですね。
  その為には 小さい政府で資本家を優位にしますから、
2,勝ち組が総取りできる シリコンバレー経営者
  グロー経済で国際金融資本が
  世界中を支配下にする富裕層からも支持が絶大です。
  資本主義は終わりました。
   ・・・・?
 資本元手に経済成してこそみんなが豊かになるのですか
 どこの国か どこに企業か あるいは 労働者の賃金を下げるしか
 儲からない時代ですから
 資本主義は終わったのです。
 それでも アメリカの テッド・クルーズ牧師さんが
 頑張ることとは何ですか・・?
 子供に石を投げられたら 仕返しに一家皆殺しするイスラエルを
 支援するための 戰爭布告することでしょうかね。
 自分たちに宗教を見捨てたイスラム 宗教を受け入れない社会主義国家を壊滅し  て
 富を得ることでしょうか・・?
ここまで書くと
トランプ候補と違いは どこかと? 変わらないと思うかもしれませんが
トランプ氏と民主党のサンダース候補は選挙資金を企業から受け取っていません。
トランプ候補は自分の金で戦っています。
選挙資金を企業から受け取らないとことは 賄賂が無いことです。
企業から献金を受けているなら 選挙協約は曲げられます。
投票者を裏切ります。
分かりやすいのが オバマ大統領は 核廃絶を唱えて
大統領選挙に勝ちました。
ノーベル平和賞も受けました。
ところが 核実験をしましたね。
ノーベル平和賞を返せと言いたい。
日本の民主党は労働者の代弁者のように 見えますが・・
民主党の最大支援の連合会長や元野田総理大臣のように
経済界の代弁者でもあるわけですね。
・・・・
あくまでも 共和党の代表は トランプ候補でないと困ります。

大富豪の共和党候補ドナルド・トランプ氏の 暴言集、資産約1兆1237万、超豪華自家用ジェット映像
日本を操るアメリカの政治 ジャパン・ハンドラーズ
TPPはアメリカの国家侵略!輸出型企業のための政策・
広告

「白いリンゴ」新宿デビュー 青森の女子高生が開発

朝日新聞より 「白いリンゴ」新宿デビュー 青森の女子高生が開発

青森県の県立名久井農業高校3年の女子生徒5人が開発した。


女子高生が開発した「白いリンゴ」が、高級フルーツショップ「新宿高野」本店(東京・新宿3丁目)で13日からお披露目される。各種ビジネスコンテストで賞を受けるなど話題のリンゴ。新宿高野の担当者も「白と赤の組み合わせは贈答用にうってつけ」と話す。

5日朝、青森県南部町のリンゴ農家、泉山茂さん(60)がリンゴにかけた袋を外すと真っ白な「ふじ」が顔を出した。「これだけ白ければ大丈夫。東京のお客さんにもインパクトがあるんじゃないかな」。依頼を受けた新宿高野に40個を出荷した。
白いリンゴは昨年、同町のリンゴは袋をかけて日光にあてずに育てると白くなる。農家には「白いと甘くない」という先入観があったが、通常なら摘んでしまう実の周囲の葉を残すなどの工夫をすると、白いうえに甘くて歯ごたえもよいリンゴができた。
各地のビジネスコンテストで賞を獲得したことなどから新宿高野も注目。泉山さんにリンゴ作りを打診し、泉山さんが生徒らの指導を受けた。
新宿高野は今回は展示だけだが、来年は販売も検討する。広報担当者は「白いリンゴはクリスマス、紅白の組み合わせはお正月の贈り物に」。白いリンゴを開発した一人の梅田愛(めぐみ)さん(18)は「特産のリンゴで地域を盛り上げたいという思いがあったのでうれしい」と話している。(鈴木友里子)