城田優、政治的な発言「堂々と語れない国って怖い」(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

ュースになったり、褒められたり、たたかれたり、これ、おかしいと思う」と問題提起し、「日本で生活をし、税金を納めている1人の国民として、当然の権利でしょ? ”政治”を堂々と語れない国って怖くないですか? もちろん影響力を考え、発言は慎重にすべきだとは思うけど」とした。最近はSNSを中心に俳優やタレントが選挙時に投票を訴えるなど、政治について語る場面が増えたが、賛否は分かれる。

情報源: 城田優、政治的な発言「堂々と語れない国って怖い」(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

広告

「日本人の冷たさは世界トップクラス」調査結果で議論「自己責任の国だから。困ってるのは努力不足のせい」「言葉の定義の問題」 | キャリコネニュース

「知らない人に声掛けたら不審者扱いされるもんな。最近は見て見ぬふりするようになったわ。以前は他人に善行するのは気持ちよかったから進んで声掛けてたわ」「これはガチ。俺が気分悪くなって倒れて動けなくて通行人に助けを求めたけどみんな素通りで、介抱してくれたのは外国人のコンビニ店員だった」「日本は自己責任の国だからな。困ってるのはそいつの努力が足りないせい」などの投稿を寄せていた。日本の「人助け指数」は過去数年の調査結果を見ても、2018年同様、後ろから数えたほうが早い。過去数か月で「人助けをした」と答えた割合も減少傾向で、2015年は28%だったが、2016年には25%、2017年と2018年には23%に下がっている。確認できる範囲では、23%はこれまでで最も低い数値だった。「人助け指数」上位には政情が不安定な国も 日本の順位の低さはどう捉えるべきか一方、調査項目が日本の文化になじまないという指摘や、「日本人はこういったアンケートに自己主張しないだけ」などと反発する声も多い。ITジャーナリストの井上トシユキさんも調査に疑問を持つ一人だ。井上さんは、外国人観光客に道案内している日本人を多く見かけたり、自身も道案内を複数経験していることから、「人助けをしていないというより、どこから人助けと言って良いのかという線引きが、外国人と日本人で違うのでは」と指摘する。助ける対象が日本人だったとしても、「日本人は、生活保護受給者やホームレスなどを助けないと人助けにならない、と捉えている人が多いのでは」とコメント。言葉の定義の違いが順位の低さに繋がっているという見方を示した。とはいえ、ここ最近の日本では「自己責任論」が度々議論されている。一億総中流と呼ばれた時代は遠くなり、格差は固定され階級社会化したと唱える社会学者もいる。自分がいつアンダークラスになるか分からない、余裕のない社会で、他人を助けようという気持ちが起きにくくなっていると見ることもできる。「人助け指数」のトップ5は上から順に、リビア、イラク、クウェート、リベリア、シエラレオネだった。政情が不安定な国がいくつか入っていることを考えると、日本の順位の低さを問題と捉えるべきなのか、迷うところではある。

情報源: 「日本人の冷たさは世界トップクラス」調査結果で議論「自己責任の国だから。困ってるのは努力不足のせい」「言葉の定義の問題」 | キャリコネニュース

TED日本語 – レベッカ・ブラックマン: うつやPTSDを予防できる新種の薬 | TED Talk | デジタルキャスト

うつやPTSDに対する現在の治療は、効果があったとしても、症状を抑えるに留まっています。これらの病気にかかることを根本的に防げるとしたらどうでしょう?神経科学者であり、TEDフェローであるレベッカ・ブラックマンが、自分の研究チームが偶然に発見した新種の薬についてお話しします。それはストレスによる悪影響を防ぎ、回復と成長をする人間の力を高められる初めての薬です。このストレス耐性増強剤によって、精神疾患の治療方法がどう変わりうるのかを学びましょう。

情報源: TED日本語 – レベッカ・ブラックマン: うつやPTSDを予防できる新種の薬 | TED Talk | デジタルキャスト

安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力|日刊ゲンダイDIGITAL

山本太郎代表が率いる「れいわ新選組」への支持が凄まじい勢いで広がっている。 4月にできたばかりの「政治団体」に過ぎないが、山本の演説はユーチューブでモノ凄い数で再生され、寄付金はついに3億円を突破した。先週12日には候補10人が東京・JR品川駅前に集結。「れいわ祭」と称した演説会の開催を呼びかけると、口コミやSNSを中心に情報が拡散し、みるみるうちに黒山の人だかり。駅につながる通路や階段も人、人、人で、集まった聴衆の数は実に3000人に上った。 山本が「20年以上続くデフレで、あなたの生活が、あなたの人生が削られてきた。取り戻すには消費税の廃止しかない」と訴えると、「そうだー」と賛同の声が上がり、拍手の音が鳴り響く。たっぷり3時間に及んだ山本らの“マイクパフォーマンス”を熱心に聞き入っていた。

情報源: 安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力|日刊ゲンダイDIGITAL

元SMAPの出演に圧力か ジャニーズ事務所に注意 公取委 芸能事務所が受けるのは初めて  情報集め – NAVER まとめ

芸能活動に必要な契約の成立を阻止するなどして不当に妨害する行為を禁じていて、公正取引委員会は独占禁止法違反につながるおそれがあるとして、17日までにジャニーズ事務所を注意したということです。芸能人の移籍トラブルをめぐり独占禁止法違反につながるおそれがあるとして、芸能事務所が注意を受けるのは初めてです。

情報源: 元SMAPの出演に圧力か ジャニーズ事務所に注意 公取委 芸能事務所が受けるのは初めて  情報集め – NAVER まとめ

クモ膜下出血 予防に運動 週30分の軽強度運動で、リスクが約5%低下 – NAVER まとめ

週30分の軽強度運動で、クモ膜下出血のリスクが約5%低下することが明らかになったという。運動量が増えるとリスクも比例して低下した。「性年齢に関わらず、週4日間1日30分のウォーキング、自転車漕ぎといった穏やかな身体活動でさえも、クモ膜下出血のリスクが約20%低下する」と主任研究者のイオニ・リンドボームは述べている

情報源: クモ膜下出血 予防に運動 週30分の軽強度運動で、リスクが約5%低下 – NAVER まとめ

氷河期世代の救済は 「企業でなく労働者に金を配るべきだ」

「企業でなく労働者に金を配るべきだ」と指摘する。氷河期世代に向けた就職イベントでは会場がガラ空きのこともあり、参加するための時間や金がないことを痛感した。「今年の10連休の時にも問題になったが、不安定な雇用の人はカツカツの生活で、シフトを減らせない。生活費や交通費のバウチャー(引換券)を配れば、イベントに参加する余裕ができる」 支援プログラムで気になるのは、どんな層にどんな仕事に就いてもらうか、踏み込みが足りないことだ。「政府はよく『成長産業に人を動かせ』というが、誰でもできる仕事でない。介護は過酷だし、IT(情報技術)にはスキルがいる。誰にどんな仕事をしてもらうか、ターゲット別のプランを作らなければいけない」。人材ビジネスへのばらまきで終わってしまうことを懸念している。 企業側は、再就職の門戸を開いているのか。マイナビが昨秋に行ったインターネット調査「ミドルシニア採用企業レポート」では、直近3年間に中途採用をした2372社のうち、40代を1人でも正規雇用したのは約5割。だが、採用の理由には「豊富な経験」「専門性が高い」といった点があがっており、新卒の時点でつまずいた人にとってハードルは高いようにみえる。

情報源: 氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?(毎日新聞) – Yahoo!ニュース