南関町議会議長が交付金を不正流用|NNNニュース

南関町の町議会議長が農地整備の団体への交付金を不正流用。議長は「私的流用ではなかった」と話している。酒見喬議長は農地の草刈りや農道の整備などを行う団体の代表で、2014年度からの5年間にわたって、活動した人への日当の一部約300万円を他の…

情報源: 南関町議会議長が交付金を不正流用|NNNニュース

広告

厚労省の統計不正問題で考える、私たちは何のために、誰のために働くのか? – 田原総一朗公式サイト

本来、官僚は「国民の利益」を第一に考えているべきだ。だが官僚たちを見ていると、「組織防衛」しか頭にないのでは、と思わずにはいられない。「森友」「加計」問題で、財務省が書類を改ざんした件でも、同じように感じたことだ。官僚も政治家も、自分が本来、何をすべきなのかということではなく、目の前の利益や自分の損得に走っているのだ。そんな人間だらけになれば、どんな組織でも必ずダメになって当然だ。さかのぼれば、日本の軍部もそうだった。カネボウや東芝の粉飾決算、自動車メーカーの検査不正など、民間企業でも同じだった。そもそもなぜ長い間、不正が表に出ないのか。不正の事実を知っていても、内部の人間は左遷や解雇、パワハラなどを恐れ、明るみに出せなかったのだろう。きついことを言えば、「組織防衛」でさえもなく、要は「自分」を守りたいのだ。そして、いまの自民党も同じだ。自分の信念や主義よりも、安倍首相のイエスマンになることが大事なのだろう。反対すれば、選挙応援どころか、党の公認ももらえないかもしれないからだ。

情報源: 厚労省の統計不正問題で考える、私たちは何のために、誰のために働くのか? – 田原総一朗公式サイト

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版さんのツイート: “【寄稿】オカシオコルテス氏は新時代の先駆け 社会主義は新しい時代にも米国で消えそうもない。理由の一つは、民主党の新星、オカシオコルテス下院議員が出現したことだ。 https://t.co/f7iJrHZPWi”

嘘つきの国!

Take a walk

嘘をつき慣れた人たちが支配する国では、嘘は日常茶飯事になり、嘘をつかない人は排除される。

そんな国に育ち、成長したことを思うと、泉谷しげるの「春夏秋冬」という歌を思い出す。

「季節のない町に生まれ!愛のない町に生まれ」

この国に本当の詩はあるのだろうか。滅びる寸前の国のように思われてならない。

希望を持つことがいいことか、それとも嘆くことがいいことなのか、この国に必要なのは何なのだろうかと、最近迷いはじめている。

元の投稿を表示

松本潤の自宅に通うのは井上真央ではない。“禁じられた恋”の相手とは? 他 – NAVER まとめ

人目を忍び毎週のように深夜、松本の自宅に通うのは井上真央ではない。いまや芸能界の頂点に立つアイドルの“禁じられた恋”の相手とは?

情報源: 松本潤の自宅に通うのは井上真央ではない。“禁じられた恋”の相手とは? 他 – NAVER まとめ

日本人の3分の1以上が小学校3~4年生以下の思考力。教育のムダ 大学中退実態を本格調査 – NAVER まとめ

「国際成人力調査」の結果概要(1)日本人のおよそ3分の1は日本語が読めない。(2)日本人の3分の1以上が小学校3~4年生以下の数的思考力しかない。(3)パソコンを使った基本的な仕事ができる日本人は1割以下しかいない。(4)65歳以下の日本の労働力人口のうち、3人に1人がそもそもパソコンを使えない。

情報源: 日本人の3分の1以上が小学校3~4年生以下の思考力。教育のムダ 大学中退実態を本格調査 – NAVER まとめ

最も死亡率が低い睡眠6.9時間は、8時間以上は高い、6時間以下は8年後の死亡率が2.4倍高く – NAVER まとめ

最適な睡眠時間について、110万人以上を対象にした最近の米国の調査では、6年後の死亡率が最も低かったのは6.5~7.4時間眠っていた人たちだった(Arch Gen Psychiatry. 2002 Feb;59(2):131-6)。8時間以上眠っていた人たちはむしろ死亡率が高くなっていた

情報源: 最も死亡率が低い睡眠6.9時間は、8時間以上は高い、6時間以下は8年後の死亡率が2.4倍高く – NAVER まとめ