先祖代々の墓より個人のお墓へ・権力者の命令で墓が許され、仏教徒にされ・お布施を払え、戒名はうそ偽り – NAVER まとめ

法律では檀家じゃなく、檀徒なんですよ。秋田:だから個人墓になっていかざるを得ないのはわかりますが、檀家というものをただ古臭い制度だと、私には言い切れないですね。というのも、そこには昨日今日ではない長く家の中で引き継がれてきた物語があるわけですから。井上:ちょっと、その辺が…。お墓によって引き継がれてきた家というのは、男系でしょう? この本の取材過程で200人ほどに「おたくのお墓は?」とヒアリングしたところ、特に女性の答えには、そのお墓に最後に入った義父や義母との生前の関係や、介護の話がくっついてきて、「あの世に行ってまで、ヨメはご遠慮したいわ」とおっしゃる人がずいぶん多かった。 今まで、お墓は古い家制度と直結していて、しんどい思いをしていた女性がどれだけいたか。だから、それを抜きにして、代々引き継がれるお墓は素敵ですね、とは言えないですね。

情報源: 先祖代々の墓より個人のお墓へ・権力者の命令で墓が許され、仏教徒にされ・お布施を払え、戒名はうそ偽り – NAVER まとめ

広告

堺雅人「半沢直樹」続編決定  主要キャストは絶対に変えられない? – NAVER まとめ

成功した第1弾の熱量を再び持てるか 堺さんに限らず俳優は、さまざまな人物を演じることが仕事であり、醍醐味そのもの。ある役柄を立て続けに演じることは、幸せな部分こそあれ、仕事の幅を狭め、醍醐味を減らし、技量の進歩を止めかねない上に、視聴者に役柄を自分と同一視されかねないリスキーなものです。 「それを望んでいる視聴者やスタッフがいる」「拒否するのは原作者を含めて多くの人々に失礼」という配慮から公の場でコメントすることはありませんが、私が直接会って尋ねた主演クラスの俳優たちは、続編に出演することのジレンマを隠そうとしませんでした。 その点、役柄と自分を同一視されることを承知でシリーズ作に出演し続けている「相棒」(テレビ朝日系)の水谷豊さん、「科捜研の女」(テレビ朝日系)の沢口靖子さん、「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の米倉涼子さんは、例外中の例外。ただ、多くのファンを喜ばせている反面、他の作品に出演しづらくなっているのも事実であり、いかに覚悟をもって演じ続けているかがうかがえます。もちろん両者に俳優としての優劣はなく、「活動スタンスが異なる」

情報源: 堺雅人「半沢直樹」続編決定  主要キャストは絶対に変えられない? – NAVER まとめ

堺雅人「半沢直樹」続編決定  主要キャストは絶対に変えられない? – NAVER まとめ

成功した第1弾の熱量を再び持てるか 堺さんに限らず俳優は、さまざまな人物を演じることが仕事であり、醍醐味そのもの。ある役柄を立て続けに演じることは、幸せな部分こそあれ、仕事の幅を狭め、醍醐味を減らし、技量の進歩を止めかねない上に、視聴者に役柄を自分と同一視されかねないリスキーなものです。 「それを望んでいる視聴者やスタッフがいる」「拒否するのは原作者を含めて多くの人々に失礼」という配慮から公の場でコメントすることはありませんが、私が直接会って尋ねた主演クラスの俳優たちは、続編に出演することのジレンマを隠そうとしませんでした。 その点、役柄と自分を同一視されることを承知でシリーズ作に出演し続けている「相棒」(テレビ朝日系)の水谷豊さん、「科捜研の女」(テレビ朝日系)の沢口靖子さん、「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の米倉涼子さんは、例外中の例外。ただ、多くのファンを喜ばせている反面、他の作品に出演しづらくなっているのも事実であり、いかに覚悟をもって演じ続けているかがうかがえます。もちろん両者に俳優としての優劣はなく、「活動スタンスが異なる」

情報源: 堺雅人「半沢直樹」続編決定  主要キャストは絶対に変えられない? – NAVER まとめ

認知症は、高血圧の変動で圧変動で脳血管が傷つき・若い血液の輸血で認知機能が向上 認知症情報保管 – NAVER まとめ

血圧変動で脳血管が傷つき循環障害が認知症を招くさらに追い打ちをかけるような、血圧の変動が現れます。特に高齢になると、血圧の変動が顕著になります。ご存知の白衣高血圧も一例です。その他にも、食事中の血圧低下もあれば、坐ったままでの立ちくらみ(低血圧発作)で意識を失うこともあります。急に振り返っても同様の変化が現れるでしょう。逆に血圧の急上昇もある。ちょっとした興奮でも血圧はウナギのぼり。相撲やサッカー、高校野球のテレビ中継の観戦で、「それゆけッ」と応援しただけでも血圧急上昇。こうした急激な血圧変動は、血管を直撃します。

情報源: 認知症は、高血圧の変動で圧変動で脳血管が傷つき・若い血液の輸血で認知機能が向上 認知症情報保管 – NAVER まとめ

ファーウェイ社、「米国は多くの雇用機会を危機に陥れる」 – Pars Today

中国の通信機器大手ファーウェイ社がアメリカに対し、「アメリカ市場への進出が制限されたことで、同国での多くの雇用機会が脅かされている」と警告しました。イルナー通信によりますと、ファーウェイは声明を発表し、「アメリカの目的は、当社にとっての問題を引き起こし、ヨーロッパをも当社から引き離し、自らが高速インターネットの5G技術を占有することにある」と批判しました。こうした中、ドイツなど一部の西側諸国はアメリカに対し、「アメリカと中国の対立に、ヨーロッパが巻き込まれるべきではない」と警告しています。アメリカは最近、ファーウェイとその系列の企業68社に対し、アメリカ市場へのアクセスを禁じ、これらの企業によるアメリカ製の機材の購買ルートを遮断しました。ファーウェイは、アメリカ製機材の主要な輸入元であり、世界有数の5G技術の先端を走っています。

情報源: ファーウェイ社、「米国は多くの雇用機会を危機に陥れる」 – Pars Today

米海軍の潜水艦で女性乗組員の「レイプリスト」、艦長は解任(ニューズウィーク日本版) – Yahoo!ニュース

米海軍の潜水艦の乗組員らが、同じ艦の女性乗組員を対象に性的魅力ランキングのリストを作成し、わいせつなコメントをつけて共有していたことが捜査により明らかになった。問題が起きたのは原子力潜水艦フロリダで、女性の乗務が認められた米軍で2番目の潜水艦だ。男性乗組員は、女性乗組員のいわゆる「レイプリスト」を作って回覧していた。しかし海軍幹部は十分な対応を取らなかった。ミリタリー・ドットコムによれば、リストに関する捜査は情報自由法に基づく請求によって行われた。74ページに及ぶ捜査報告書によれば、艦内では性差別的で不適切な振る舞いや発言が「許容され、上官と部下の間の信頼は存在しなかった」という。

情報源: 米海軍の潜水艦で女性乗組員の「レイプリスト」、艦長は解任(ニューズウィーク日本版) – Yahoo!ニュース