姜尚中「脱原発は叫ばれても、日米原子力協定の自動延長の議論は活発とは言えない」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

日米原子力協定が自動延長されました。この協定が初めて結ばれたのは1955年です。ちょうどこの年は、再統一された社会党と、保守合同による自由民主党を中心とする55年体制の成立と重なっています。日米原子力協定が戦後日本の政治体制の枠組みが出来上がる年と一致するのは偶然でしょうか。原子力の「平和利用」は被爆国という未曽有の存在に対する米国側の特別な配慮で、日本からすると恩恵でした。それが88年に改定されて、今日に至っています。

情報源: 姜尚中「脱原発は叫ばれても、日米原子力協定の自動延長の議論は活発とは言えない」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

広告

無期雇用まで「あと1日」雇い止め相次ぐ」キャリアアップは無駄?改正で派遣が激増する理由 – NAVER まとめ

無期雇用まで「あと1日」の雇い止め、無効訴え日通を提訴…原告「娘は涙を流した」・・・当初より予想されていた問題が噴出している。“意図的”な立法なんだろうな! (https://blogs.yahoo.co.jp/oizqt/16412372.html改正労働者派遣法|ワードボックス|【西日本新聞】https://www.nishinippon.co.jp/wordbox/article/9469/2015年9月30日に施行。派遣労働者のキャリアアップや雇用安定を目的に、同じ職場で働く期間を最長3年とした。秘書や通訳など26の専門業務では期…

情報源: 無期雇用まで「あと1日」雇い止め相次ぐ」キャリアアップは無駄?改正で派遣が激増する理由 – NAVER まとめ

長嶋一茂さんの妻、長嶋仁子(旧姓・猪野仁子)さん写真 一茂は・江角派は見つけられ次第密告され、粛清 – NAVER まとめ

長嶋一茂さんの妻、長嶋仁子(旧姓・猪野仁子)さん写真 一茂は・江角派は見つけられ次第密告され、粛清のまとめ

情報源: 長嶋一茂さんの妻、長嶋仁子(旧姓・猪野仁子)さん写真 一茂は・江角派は見つけられ次第密告され、粛清 – NAVER まとめ

タモリの不倫報道に「ショック」を受けることなかれ、十分“エロいおじさん”なエピソード- 記事詳細|Infoseekニュース

7月19日発売の「週刊新潮」(新潮社)でタモリ(72)の「忍び愛」が報じられた。記事によると、お相手は『西郷どん』(NHK)などを手掛けてきた脚本家・中園ミホ(59)。タモリは変装して彼女の住むマンションを訪れ、建物周辺を警戒しながら右往左往していたという。タモリの所属事務所である「田辺エージェンシー」の社長は、「それ、事実じゃないと思いますけど」と不倫関係を否定。ネット上の声を見ても、信じられないという人が多いようだった。

情報源: タモリの不倫報道に「ショック」を受けることなかれ、十分“エロいおじさん”なエピソード- 記事詳細|Infoseekニュース

日本の帆船『日本丸』『海王丸』

Welcome to Blog of YokoG ←クリックでフロントページへ

日本初の帆船【日本丸】はスコットランドのラメージエンドファーガソン社で設計され、川崎造船所(現・川崎重工)で【海王丸】も建造され、1930 年(昭和 5 年)1月に進水した。

日本丸

帆船建造造船所

2284総トン、長さ97.05メートル、幅12.95メートル、満載喫水6.41メートル、ディーゼル機関2基、出力600馬力×2、4檣(しょう)(4本マスト)バーク型帆船、鋼製で、1984年に引退するまで54年間の長きに地球を45.5周、約183万キロメートルを航海し、1万5000人にのぼる海の若人を送り出した。(引用:日本船舶海洋工学会論文)

帆船は恰好いいですね (^^)。

元の投稿を表示

是枝裕和監督 カトリーヌ・ドヌーブさん主演で新作製作へ | NHKニュース

映画「万引き家族」がフランスのカンヌ映画祭で最優秀賞のパルムドールを受賞した是枝裕和監督が、フランスを代表する女優、カトリーヌ・ドヌーブさんらとともにフランスで新たな映画を製作することになりました。映画配給会社によりますと、製作が決まったのは「万引き家族」に次いで是枝監督の15作目となる長編で、フランスで長年にわたって活躍してきたスター女優とアメリカから帰国した脚本家の娘を軸にした家族の葛藤の物語です。

情報源: 是枝裕和監督 カトリーヌ・ドヌーブさん主演で新作製作へ | NHKニュース

東京医大が裏口入学リスト…受験生や親の名前

地球倫理:Global Ethics

東京医大が裏口入学リスト…受験生や親の名前
読売新聞 2018年07月13日 

文部科学省の私立大学支援事業を巡る汚職事件に絡み、受託収賄容疑で逮捕された同省
前局長の佐野太容疑者(58)の息子を不正に合格させたとされる東京医科大学(東京
)が、過去に不正合格させた受験生やその親の名前などが書かれた「裏口入学リスト」
を作成していたことが関係者の話でわかった。東京地検特捜部は、同大側から複数のリ
ストを入手しており、同大が不正入試を繰り返していたとみて調べている。

特捜部の発表などでは、同大の臼井正彦前理事長(77)は、佐野容疑者に同省の私大
支援事業の選定に便宜を図ってもらうよう依頼。その見返りとして、鈴木衛まもる前学
長(69)とともに、今年2月の入試で佐野容疑者の息子の点数を加算して合格させる
よう学内で指示したとされる。2人は特捜部の任意の事情聴取にこうした経緯を認めて
いる。

同大関係者によると,数年前のリストには受験生と受験番号のほか、親や親類の名前が
記載されていた。中央省庁の官僚の名前が記されていたこともあったが、臼井前理事長
は「官僚にパイプを作ることが大事だ。恩を売っておけばいざというときに助けてもら
える」などと話していたという。この関係者は「将来の幹部候補と接点を持てば、補助
金などを頼みやすくなるということだ」と話した。

同大の入試では、学長を含む入試委員による「入試委員会」で受験生の合否が最終的に
決められている。リストに載った受験生は重要度に応じて「絶対」「できれば合格させ
る」「合格を依頼されたがどちらでもいい」の3種類のランクに分類され、同委員会の
検討で点数を加算していたという。ある年はリストに記載された約20人のうち10人弱が
「絶対」だった。ランクには臼井前理事長の意向が強く反映されていたという。

一方、今年の入試委員を務めた同大役員の一人は「そんなリストは見たことがない。裏
口入学は何年も前の話と聞いており、今年はないはずだ」と話した。

MLホームページ: https://www.freeml.com/uniting-peace

元の投稿を表示